【ポケモンGO】ジム配置後の自動防衛3つのポイント※一覧あり

【ポケモンGO】ジム配置後の自動防衛3つのポイント※一覧あり
Pocket

ポケモンGOのジムに配置したポケモンは、その後、自動で戦います。

それが『防衛戦』です。

自動で戦闘が行われるので、攻撃側とは違った防衛のポイントがあるようです。

そんなポケモンGOでジム戦の防衛側のポイントをまとめてみました。

防衛線の基本

出典:http://xn--go-qh4aoh0a6h4475b390a.club/%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/903/

防衛戦では、自分のポケモンは操作することができません。

その代り、他のトレーナーにジムが挑まれた時に、AI(人工知能)によって自動的に戦ってくれます。

※配置したポケモンは、2回倒されると手元に戻ります。

ここで、ジム戦のメカニズムを確認してみましょう。

条件 トレーナー ジム防衛AI
チームを組む 1度に20トレーナーまでが1つのジムを同時攻撃できる
できない

(ジムを防衛するポケモンだけで、攻撃側トレーナーの攻撃を受けて立つ)

ポケモンの数
  • 1人のトレーナーが選出できるポケモンは6匹まで
  • トレーナーは6匹のポケモンを攻撃に出す順番を自由に選ぶことができる
  • ジムのレベルに応じて10匹まで
    (ジムレベル数=配置できるポケモン数)
  • 一番下の階から一番CPの低いポケモンが配置されるように自動配置される
ポケモンの最大HP 攻撃側ポケモンのHPは変わらない 防衛側ポケモンのHPは2倍になる
エネルギー上限 100 200
初回攻撃 防衛側より0.6秒前に攻撃開始 ゲーム内部に設定されたゲーム時刻で、バトルが始まってから98秒後に攻撃開始
(ゲーム内の時間で98秒目)
※現実の98秒後ではない
通常攻撃のタイミング 攻撃側の通常攻撃のタイミングは変更されない 防衛側の通常攻撃のタイミングは+2秒の補正が入る
ゲージわざのタイミング ゲージわざのタイミングは変更されない ゲージわざのタイミングは変更されない
HP喪失とエネルギー獲得 攻撃側ポケモンは、-1HPごとに+0.5エネルギーをゲージに貯めることができる-2HP = +1エネルギー
  • 防衛側ポケモンは、-1HPごとに+0.5エネルギーをゲージに貯めることができる
  • HPが2倍となるため、実質-1HPごとに+1.0エネルギーをゲージに貯めることができる

-2HP = +1エネルギー

入れ替え できる
(1秒のクールダウンが入る)
できない
攻撃回避 できる
(0.5秒のクールダウンが入る)
できない

 

こんなことになっていたんですね!調べてみて驚きました。

ジム攻撃側は、高いDPS(Damage Per Second:1秒あたりに与えるダメージの数値)の通常攻撃を短時間で連打して防衛側にダメージを与える攻撃を重宝する一方で、防衛側はより遅く、しかしより重い一撃を持つ通常攻撃技を重視することになります。

防衛側のHPは2倍になるので、防衛側はより高いHPを持つポケモンを選ぶことが奨励されます。

 

要するにこれらメカニズムの相違は、ジム防衛側が攻撃側に与えるダメージは少ないものの、防衛側はバトルを通じて、攻撃側より多くのエネルギーをゲージに蓄えることができるということを意味しています。

また、受けたダメージからエネルギーを獲得できることから、防衛側は潜在的により多くのゲージわざを使うことができます

ゲージにエネルギーが貯まる計算式は「-1HP=+0.5エネルギー」であり、かつ、防衛側はジム防衛戦のときにHPが2倍になるので、事実上防衛側はバトル全体を通してHPに匹敵するほどのエネルギーが利用可能であると言えるでしょう。

この事実は、防衛側のカビゴンがバトル中に3回もの「はかいこうせん」を発動するという、壊滅的な結論の裏づけとなります。

 

防衛側のポイントとは?

出典:https://pokemongo-get.com/pokego088/

CP・HPの高いポケモンを配置しよう

 

ジムにポケモンを配置するときは、『CPの高いポケモン』を優先して配置しましょう。

その中でも、HPの高いポケモンを配置すればジムを奪われにくくなります。

ジムに配置したポケモンは自動で戦うし、先ほどもまとめたように、HPが2倍に設定されるようなので、防衛を成功させるには「HP」が重要になります。

HPが高いポケモンを育てるのも、ジムバトルのポイントになりますね。

 

あえてCPの低いポケモンを配置しよう

 

『あえてCPの低いポケモンを配置する』というやり方もあります。

これは、同じチームのポケモンGO仲間と、『一緒にジムを取りに行こう!』というときによく使われる方法です。

流れは以下の通りです。

  • ジムを未所属にする
  • CPの低めのポケモンを配置する
  • チームメンバーで一斉にトレーニングする
  • ジムレベルを上げる
  • 配置するポケモンを増やす

 

CPの高いポケモンを配置してしまうと、トレーニングする際に苦戦してしまう場合があります。

あえてCPの低いポケモンを配置することで、トレーニングしやすい環境を作ります。

CPの低い1匹のポケモンを倒すトレーニングを繰り返すことで、名声がグングン上がっていきます。

ただし、この方法は多くのチームメンバーと行う必要があります。

 

まとめ

今回の記事のポイントをまとめてみましょう。

  • 防衛側として配置するポケモンは、CP高いポケモン
  • CPが高いポケモンの中でも、HPが高いポケモン
  • あえて低いCPのポケモンを配置する

防衛側のポイントをつかむことはできましたか?

意外とジム戦は深いようですね、頑張って攻略していきましょう!

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。