【ポケモンGO】ジム配置の決め方3つのポイント!

【ポケモンGO】ジム配置の決め方3つのポイント!
Pocket

ポケモンGOは季節の影響を受けやすいアプリです。

ジム配置の決め方も同様です。

リリースされた当時の夏は気温も高く夜間も歩きやすかったですが、冬場はあっという間に日が暮れてしまいますね。

今回はポケモンGOの冬場のプレー時間の決め方について解説します。

ジム配置に大きく関わってくるので参考にしてみてください!

朝・昼・夜、ポケモンGOをやるならどの時間帯がオススメ!?

ポケモンGO ジム 場所 決め方

出典:https://game8.jp/pokemon-go/beginner/79699

時間がなくても意地でもポケモンGOをやってやろうという人がよくいます。

その考え方、とても危険です!

やってみれば分かる通り、ポケモンGOは意外と集中力を使うゲームでする。

何かの片手間にやっていると集中できずに焦りも出てくるので、取り返しの付かない誤操作や事故が起きることもあります。

誤操作だけならまだしも、事故など起こした日には目も当てられませんよね。

なら、いつやればいいの?という問題になってくるわけですが、間違いなく夜間よりも日中のプレーがオススメです。

これに関しては健康面のメリットが大きいです。

しかし、起床直後は中々体も温まらずに、人によっては体感温度では夜よりも朝の方が寒いという人もいます。

並みの体力では早朝からプレーしていると1日持たず、仕事中やテスト中など、実生活の大事な場面で突然睡魔が襲ってきたりすることもあるかもしれません。

私たちは普段、実生活でやらかさないように電車の中で居眠りするなどして大事な場面で寝入ってしまわないよう睡眠不足を補っていますが、ポケモンGOをやる場合は昼寝が必要不可欠です。

  • 昼寝ができる人なら朝〜昼
  • 時間に追われている人は夕方〜夜

という感じで自分の生活リズムに合わせたプレーがオススメです。

朝と夜、間違いなくポケモンGOをやるなら朝なのでしょうが、いくら働き方が多様化している昨今とはいえど、大体の人は後者になりがちなのが世の中の流れです。

 

プレー時間を短くする3つのメリット

ポケモンGO ジム 場所 決め方

出典:http://pokemongo-news.com/archives/19605

ブームが去った今も、ポケモンGOでは未だに長時間プレーをしている熱心なユーザーが多いです。

しかし、限られた時間の中でどうやったら膨大な必要経験値を稼いでトレーナーレベルを上げていくかについて頭を悩まされいる人も多いはずです。

しかし、長時間のプレーは長い目で見てもマイナス面が多くて一番良くないんです。

 

①歩きスマホの抑止

夜道で歩きスマホをするのは自殺行為です。

特に冬場は夜になると一気に冷え込み、暗くなると視界が狭くなるので事故のリスクは格段に高くなります。

事故を防ぐためには最長でも20時以降は歩きながら画面を操作するのは控えるようにしましょう。

 

②視力低下防止、バッテリーも温存できる

スマートフォンやパソコンの長時間の操作による眼精疲労の蓄積が問題視されています。

ポケモンGOにはバッテリーセーバーという便利な機能も付いているので、端末を逆さまにしてポケットやバッグの中に入れておくだけで常にスタンバイモードの状態で起動させておくことができます。

画面を見ている時間を極力減らし、視力低下を防ぎ、無駄なバッテリー消費を抑えましょう。

 

③他のことに時間を使える

短時間でジムを周るためにもっとも大切なのは『情報』です。

ゲーム内の情報だけでなく、普段自分の周っているエリア周辺の情報は特に必要不可欠です。

  • バッテリーを補充するためのコンセントが設置されているショップの有無
  • 各チーム色の配置しやすい時間帯
  • 天気予報

など、様々な情報を知ることでもジムに配置できるポケモンの数なども大きく変わってきます。

屋外での活動時間が短いと何となく物足りなさが残りますが、その分休養したり、他のことにも時間を使えますよ。

 

どうしても出歩きたい夜は…

ポケモンGO ジム 場所 決め方

出典:https://togetter.com/li/1003386

前述のように、仕事の関係でどうしても夜ではないとまとまった時間が捻出できないという人もいます。

増してや今は日照時間の短い真冬ですから尚更です。

人は空いた時間を作って習い事や趣味に当てたりしてリアルスキルを磨くのが一般的ですが、皆さんはポケモントレーナーなので空いた時間はなるべくならポケモンGOに充てたいところですよね?

極端かもしれませんが、そのぐらいの気持ちでやらないと一度もポケモンGOにログインせずにいつの間にか1日が終わってしまい、そのうちログインするのも面倒になって気付けば半引退状態になりながらも無理矢理攻略記事を書いている筆者のようにもなりかねません。

 

自分で思っている以上に、今、ポケモンGOをプレーできる時間や場所は限られているんです。

週に1日しかない唯一の休日さえも『天気が悪くてろくにできなかった!』なんてことも今後、当たり前のように経験するでしょう。

それでも『意地でも外出してやるぞ!』というトレーナーの皆さんには夜の公園でのプレーをオススメします。

昨年夏頃の、ポケモントレーナーで埋め尽くされていた時とは違い、今の様変わりした冬場の夜の公園は開放感があって歩きやすいです。

 

でも日没後は一気に冷え込むので、くれぐれも長居は禁物です。

念入りに防寒対策をして、風邪をひかないように気をつけましょう。

但し、公園によっては夜間の立ち入りが禁止されていたり、ライトが少なく夜になると何も見えなくなり一人歩きが危険になるような場所もあるため、周辺の環境や設備面についても前もって調べておきましょう。

 

まとめ

ポケモンGO ジム 場所 決め方

出典:https://togetter.com/li/1003386

今、ポケモンGOは冬眠モードに入っていてログイン率も下がっていますが、厳しい寒さを乗り越えた先には必ず春がやってきます。

アフター5は真っ暗な状態がこのままずっと続くわけではありません。

この時期、特にジムの設置場所などに頭を悩まされることもあると思いますが、プレー時間の決め方がより重要になってきます。

ログイン時間を短くすることで時には物足りなさを感じることもありますが、工夫した時間の決め方や遊び方を実践することでマンネリ化を防げるという大きなメリットもあります。

つまらないと思われるかもしれませんが、今はゲームの遊び方やプレー時間や場所の決め方、短いプレー時間の中での効率の良いジムの回り方など、実生活を圧迫しないような工夫した遊び方が求められている時期なのかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。