【ポケモンGO】捕獲もジム配置もマンネリ化?下がったモチベーションを回復する方法

ポケモンGO ジム 配置 回復
Pocket

ポケモンGOが飽きられてきています。

人気は回復するのでしょうか?

図鑑もひと通り完成させたプレーヤーたちは、ポケモンのステータス上げやジム配置に力を入れているようですが、最近ではライト層のみならず、ヘビーユーザーの間でもジムへの配置がマンネリ化してきており、少しずつログイン時間が減ってきているようです。

今回はポケモンGOに対するモチベーション回復への糸口を探ってみました。

燃え尽き症候群のメカニズム

ポケモンGO ジム 配置 回復

出典:http://kokoromasic.com/burnout

仕事でも趣味でもなんでもそうですが、単調で変わり映えのしない間延びしたような日々が続くと、人の生活はマンネリ化していきます。

それまでやる気を高く保っていた人が、ある日突然モチベーションを失ってしまうのが燃え尽き症候群の特徴です。

人は燃え尽きてしまうと何もやる気が起きなくなり、一種の虚無感のようなものを感じたりもう自分はダメなのではないかとさえ思い込んで激しく憂鬱になってしまうこともあります。

ポケモンGOで図鑑コンプが最終目標だった人は、それを達成したあとはやることがなくなってしまいます。

やることが無くなった状態でだらだらと続けることは精神衛生上、良いことではありません。

 

多くのユーザーがマンネリ化に陥ってしまう原因

ポケモンGO ジム 配置 回復

ゲーム性が単調だから廃れるという意見もありますが、それよりも大きな原因があります。

ポケモンGOでの遊び方がマンネリ化したりモチベーションが低下してしまう最大の原因は『やり過ぎ』です。

何事においても徹底的にやることが美徳だという人もいます。

しかし、それは頑張りたい人にとっては良いことでも、ゲームに飽きたり疲れて頑張れなくなっている人が頑張ってしまうと必ず燃え尽きてしまいます。

頑張りたくない時は、あえて頑張らないことも大切です。

 

人の精神状態というのは常に変化して波があり、一定ではありません。

やる気が出ない日もあります。

モチベーションが上がらない時期というものが必ずどこかの過程でやってきます。

しかし、頑張ることや周囲よりも先んじることばかりが良いことだと思っているうちに、それを受け入れることが悪いことだと思い込み、罪のような意識があって、やる気がでないのに無理やり頑張ろうとしてしまいます。

頑張れない時に頑張り続けると、どんなに高いモチベーションがあったとしても、いつか燃え尽きてしまいます。

 

ポケモンGOでも、やる気がでないこと、モチベーションが湧いてこない時期があるということを把握し受け入れることが必要です。

自分の心の状態をよく理解し、時には客観的に自分を見ようとする必要があります。

時には休むということも燃え尽きないためには必要な選択肢です。

休むことでモチベーションが湧いてくることもあります。

画面を見ない時間を増やすことも、結果的には攻略につながっていくこともあります。

休むことによって、またやる気が戻ってくることがあります。

積極的に休むことも、やる気を高めるための秘訣です。

 

失ったモチベーションを回復するには?

ポケモンGO ジム 配置 回復

ある日突然燃え尽きてしまって無気力感や虚無感に襲われることがあります。

こんな時、必死になってそこから抜け出そうとするプレーヤーもいるかも知れません。

もともと頑張り屋さんな性格の人がなってしまいがちなのが燃え尽き症候群なので。

しかしながら、その頑張り方が間違っているせいで燃え尽きてしまうのだとしたら、燃え尽き症候群から回復しようとする時も、今までの頑張り方では逆効果です。

燃え尽きて無気力な気持ちになっている時は、とにかく休むことです。

 

無理にやる気を引き出そうとしてもやる気は出てきません。

むしろ、がむしゃらにそうやってきたことが燃え尽きてしまった理由なんです。

休む時は積極的に休むべきです。

何もしないのもいいですし、普段とは違う環境に身を置いてみるのもオススメです。

週末だけそうしてもいいですし。

 

買い物や旅行に行ったり、自然に触れてみたり、神社に行ったり、海を見に行ったり、川の流れをただボーっと眺めてみたり。

今まで自分がやりたくてもできなかったことをやってみるのがいいと思います。

燃え尽きてしまう人は何でも一生懸命やるところがあり、休むこと自体に抵抗があるかも知れません。

だからこそ、意識的に画面を見ている時間を減らすことに効果があるんです。

 

ポケモンGOを心から楽しむということ

出典:http://kagefumi811.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E382B4E383BCEFBC92-2d7c7.jpg.html

傍から見てもポケモンGOブームが終わった今、なぜプレーヤーがポケモンGOに拘り続けているのかよく分からない節があると思います。

人はなぜ、いつまでもポケモンGOをやり続けるのか。

ひとつ言えるのは、今のプレーヤーのアクティブユーザー層は、何かを証明するためにポケモンGOをやっているような気がします。

自分はできるんだということ。

とにかく、ゲームを続けるのであれば、何かしらの形にしなければならないと思っていて、勝たなければならないと思っています。

 

『やるならそれなりのトレーナーレベルにならなければ意味がない』という風に。

そんな目的意識が原動力となりいったんはものすごい勢いでやるものの、それが困難に感じる時や自分が負けていると感じた時などは楽しめなくなってしまい、結果的に続けることが難しくなっているように思います。

モチベーションが下がっているポケモンGOユーザーに欠けていること。

それは『楽しむこと』です。

 

評価されること、勝つこと、ポケモン図鑑を完成させることが目的になって、自分が楽しむということがどこかで抜けているように思います。

それでも辞められない、もしくは続けたいという人は、目的そのものを「楽しむこと」に変えていきましょう。

そして、楽しいと感じなくなったらその日はそこでやめておくべきです。

人と比較して勝つことではなく、楽しむことそのものを目標や目的に変えてしまえばいいんです。

 

目的そのものが勝つことだと、いずれ燃え尽きてしまいます。

そうではなくて、楽しむことを目的にしてしまおう。

僕はある時からそう思って実践するようにしました。

すると、諦めていたことをまたやりたくなってきて『今日はこのポケモンを採取しに巣に行ってみよう』『今日は砂を集めて意中のポケモンを1回だけ強化してみよう』などといった楽しみや目的がどんどん増えていきます。

やる気が出ない時を受け入れて、積極的に休むようにすると燃え尽きることもなくなり、休むことが少しずつ怖くなくなっていきます。

 

まとめ

ポケモンGO ジム 配置 回復

出典:http://ポケモンgo攻略ちゃんねる.com/17100.html

今回は一度下がり切ったやる気の回復方法についておおまかに紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

ポケモンGOには、

  • 孵化(ウォーキング)
  • 捕獲(図鑑登録、ポケモン採取)
  • 陣取り(ジムバトル・配置等)

 

の3つの要素がありますが、これらのアクションをバランスよく取り入れて楽しむこともモチベーション維持の秘訣です。

充分な休息を取っているにも関わらずモチベーションが下がっているという人は、3つのアクションのいずれかに偏っている可能性もあります。

モチベーションが低下しているにも関わらずプレー頻度が高い人ほどジムへの配置一辺倒になってしまっているような気がします。

ポケモンGOを長く楽しんでいくためには、とにかく『やり過ぎないこと』と『休むこと』が大切です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。